fc2ブログ
おてんば猫との共同生活とか趣味とか健康とか。          2021年4月よりぼちぼち更新再開しました(笑)。
『青写真』はいろんなことを経験すること(笑)。
2023年11月16日 (木) | 編集 |
流石に初診でいきなり大腸検査はできないので、
予約を取って、改めて来院しましたが…。

一応、経験者に色々と話を聞いていたので、
戸惑いと恥じらい
記憶の彼方に消し去って臨みました。消し去れてない。


前日の食事にも制限があり、
前夜の午後9時に、『下剤』を飲む必要があったため、
不本意ながら、前日の勤務もそのまま公休にし、
今日も当然ながら公休(有休だったかも?)でした。

…実は明日もお休みですけどね…。


前日に飲んだ下剤は粉薬を既定の量の水に溶かすものでしたが、
……強制的に出すってすごい力ですね(笑)。意味不明

もう、待ったなしですよ。
家族と同居じゃなくてよかったと思うくらい、
トイレに駆け込むことになったりして。



さて。
今回の大腸検査にあたって、
ワタシは鎮静剤の使用をお願いしたので、
車での来院は禁止でした。

辛うじて、歩いて行ける距離に直通のバス停があるものの、
時間帯が微妙だったため、
先発と後発のどちらにしようかと思い、
後発でも余裕はあるはずと、
信号待ちしている間に先発が発車しましたが、
 
出発には問題なかったものの、
まさかの20分遅れでの到着で、
予約時間ちょうどになってしまいました。 怒られはしなかったけど。
恐るべし、朝の一本道の国道…(笑)。←夜型だから忘れてた。

受付後、男女別の部屋に案内され、
そこに待っていたのは、パウチの中に入れられた液剤と、
計量コップでした。

所定の量を所定の時間で飲んでいき、
その間にトイレに行った回数と、その状態を記録していき、

最後に指定された状態になったら、
看護師さんを呼んで見てもらうという
羞恥プレイを経験する羽目に。

聞いていたから心づもりもあったけど、
知らなかったら、絶対嫌だった…。

まぁ、そんなこんなで、
いざ、診察台に載せられて、
モニターが近くにあるのを確認して、
先日の膀胱鏡と同じように注視する気満々でしたが、

先生が登場するのを待たずしていつの間にか眠ってしまい、
別室で目が覚めて、
検査が既に終わっていたことを知ることになったりして。


正直、大腸検査をしたことがなく、
実はコチラにも影響が出ていないか心配だったので、
リアルタイムにこの目で確認したかったんです。

消化器科の先生は異常なかったよ、と仰いましたが、
画像を見ていないので信じきれなかったりして。


とはいえ、今日の検査はひとまず終わったので、
帰りもバスを利用しました。
この時、nimocaを利用しましたが、
実は大阪から帰ってきたとき
チャージした残高があったので、
気持ち的には交通費の手出し無しです。過去に払ってるやん。

…また明日、追加の検査があるんだけどね…。 憂鬱。




(参考)
内視鏡検査の受け方(おなかの健康ドットコム)




先に寝るにゃンよ。
オカアサン、なんかやつれたにゃン。


ランキングに参加しています。
ポチっとお願いします。 いつもありがとうございます。励みになります
 にほんブログ村 病気ブログへ 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック