fc2ブログ
おてんば猫との共同生活とか趣味とか健康とか。          2021年4月よりぼちぼち更新再開しました(笑)。
疑惑。~カミングアウトすることにしました~
2023年10月18日 (水) | 編集 |
こちらはワタシの通院日記です。
実際の症状やセンシティブな内容を含みますので、
興味のない方は、続きを読まず、
そのままスルーしてください。




(過去日記)
覚悟はしていたけれど。~病気発覚~




ランキングに参加しています。
ポチっとお願いします。 いつもありがとうございます。励みになります
 にほんブログ村 病気ブログへ 

詳しくここで触れるかどうか、
自分では判断がつかなかったんですが、
余り回りくどいのもどうかと思い、ここに残しておこうかと思います。







…自覚症状は、水っぽいおりものでした。
ただ、ちょうどその時は排卵時でもあり、
自分でもわかっていなかったので、ネットで見た
排卵前後にそのようなおりものが出るという情報を
都合よく解釈し、

来月も同じ状態が起こるなら
ものすごーく抵抗があるけど、婦人科受診かなと思っていました。


その後、時々気になりながら、
同じく、症状からネット検索に出てきた病気の
細菌性腟炎とかクラミジア感染症とかを疑いながらも、
言われるような異臭や色もあてはまらなかったので
様子見をしていたところ、
周りから、「気になるなら病院に行ってくれ」と口々に言われ、

渋々、次の公休日に病院に行こう
処分してしまった夏用のスカートを新たに購入して
気が重くなりながら過ごしていたところ……

その日にハッキリと不正出血を体験したんです。

受診の際に、子宮頸がんの細胞診を受け、
同時にはできないので後日、
子宮体がんの細胞診も受けた方がいいと言われ、

指定日に電話で結果を聞いてくれということでしたが、
既に精密検査を必要とする結果が出てしまったので
すぐに病院から連絡が来てしまった

ここまでが、過去日記の内容です。


電話口で、前がん状態が見られるので
必ず治療が必要です、と言われました。
ちょうどその時、図書館で本を借り(のちに購入した)ていたので
照らし合わせて推測するに、子宮頸部異形成で、
その程度は限りなく高度異形成に近い中等度異形成のようです。(当時)




次のステップはコルポスコピーによる組織診でしたが、
その病院はちょうど新しい機械を導入する手続き中だったらしく、
今月の半ばぐらいには入るので、その時に電話しますということでした。

それを職場に伝えると、
口々にセカンドオピニオンを勧められたり、
そもそもの病院を代えろと言われたり、

勿論、皆さん心配してくれての助言だとはわかっていましたが、
また一から検査をするのも正直辛かったんです。
…えぇ、ただ簡単に細胞を取るわけじゃないんですよ。
その細胞を取るまでにどれだけの心理的な抵抗があるか…(笑)。

あまり詳しく書きすぎても長くなるので、
ここからは駆け足になりますが、

一向に連絡が来ないので、昨日、
コチラからいつぐらいになりそうかと電話してみると、
まだかかりそうだったので、

先に子宮体がんの細胞診を今日、してきました。

ワタシの様に出産経験がない人はかなり痛い
ずーっと言われていたので、
しなくていいならしたくなかったんですが、

この頃は毎日不正出血しており、
出血していると結局待っている検査もできないと言われしまい…、
一方で、少しでも検査を進めておかないと、
これからの繁忙期に向けて、
シフトの面でもかなり迷惑をかけてしまうので
あまり時間をかけたくなかったんです。


……検査は、大袈裟ではなく、かなり痛かったです。
ワタシの場合、筋腫も大きくなっていてそれが邪魔して
中々奥に辿り着けなかったのもあり、

いざ、細胞を取る段階でゴリゴリゴリとえぐられるような感覚…。
……もう二度としたくありません


また、〇曜日に結果を電話で聞いてくれと言われましたが、
今回は電話しなかったのはまた後日(書く予定です)。



今までに、病気ブログとかで目にしたこともあり、
また、実際に亡くなった友達からも言われていましたが、

月並みですが、
子宮頚ガン検診は行った方がいいです。

ぶっちゃけ、症状が出てから行くのは
遅かったと感じました。

例え、頸部異形成が出ても程度には三段階あり、
初期だと正常化したり、軽度のままで経過観察で済むこともあるようです。

おやすみにゃン。
最近、オカアサンは皆から痩せたと心配されてるにゃン。



ランキングに参加しています。
ポチっとお願いします。 いつもありがとうございます。励みになります
 にほんブログ村 病気ブログへ 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック