FC2ブログ
 AEAJベーシックセミナー in 福岡に参加したよ。
2016年06月11日 (土) | 編集 |
今年もAEAJのベーシックセミナーに参加しましたよ。

まぁ、薄々気づいてはいましたが、
やっぱり年齢層は高めですね。
ワタシより年下風の方は数えるほどでした。

勿論、仕事の幅を広げようという医療関係者や、
いろんな業種の方々、
子育てがひと段落ついて勉強を始めた方など、

本当にさまざまな方の集まりなんでしょうけどね。

主要都市で開催されるということで、
たまたま県内に住んでいる身としては
参加しやすい環境にありますが、

おそらくは県外からの参加者も結構いることでしょうしね。
(そうなると、お休みの関係上、
 参加したくてもできない方もいることでしょうし

そんな方は、もしAEAJの会員であれば、
公式HPの会員ページ(注:ログインが必要)
アロマチャンネルから動画と
pdf資料をダウンロードすることもできますよ。



セミナーに参加したよ。


さて。
今回のセミナーは、

1.「はっか油の愉しみ」

  夏のシンプルボディケア・スキンケア

  講師 前田 京子氏(エッセイスト)

2.調香(ブレンド)の方法と実体験
  ~香りのブレンド、無限の可能性~

  講師 堀田 龍志氏(日本調香技術普及協会理事長)


というわけで。
グループワークしやすいように、
座席は6人で一グループの配置になっていました。

座席同士が近いので、
テーブルの角から埋まっていく状況(笑)。
ワタシも比較的早い時間に到着しましたが、
角を確保したかったので、一番後ろの座席に着席しました。

テーブルには謎のキッチンペーパーが(笑)。

こちらはセミナー1の後半で、
「はっか油」のウエットティッシュを作りましたよ。

ここで使用されるハッカ油は
精油として売られているものではなく、
ドラッグストアなどで気軽に購入できる
日本局方のハッカ油です。

健栄製薬 ハッカ油 P 20ML
価格:451円(税込、送料別)




そして、他に使用したのは、
精製水、グリセリンです。

 



勿論、レジュメにはレシピの記載があったんですが、
「不許複製 禁無断転載」とあるので、
おりこうさんにここでは触れずにおきます。

作り方も極々簡単で、
植物性グリセリンにはっか油を馴染ませ、
更に半量ずつ精製水を加えてよく振り、
最後にジッパー付きの袋に畳んだキッチンペーパーを入れて、
まんべんなくしみこませたら完成です。


なお、質疑応答の際に、
ペットに対する使用について触れられたんですが、
ネコは避けた方がよいという回答でした。

メディカルハーブ協会のテキストに紹介されている
ペットのノミ取りケアにペパーミントが紹介されていますが、
あくまでハーブとしてのミントであって、
凝縮された精油ではないことに注意が必要です。

ちなみにネコが好むと言われる
キャットニップは和名をイヌハッカと言いますが、
実家の飼い猫だったチュンリーもてんちゃも
全く興味を示してくれませんでした。

チュンリーとキャットニップ


講師の前田先生の著書はコチラ。

はっか油の愉しみ [ 前田京子 ]
価格:1500円(税込、送料無料)




(参考)
高価な精油よりずっと使える! あなたも今日から”はっか”ライフを始めてみませんか?~マガジンハウス担当者の今推し本『はっか油の愉しみ』
 (ガジェット通信)
ハッカ油は万能オイル!使い方次第で美容・掃除・虫除けにも
 (女性の美学)
【和種のミント“はっか油”を知ってます?】前田京子さんの本『はっか油の愉しみ』で知りました! 高価なペパーミント精油より断然安いから、バンバン使えます☆
 (LoHASY☆ 天然生活)


はっか油のウェットティッシュ。
はっか油は60滴ほど持ち帰り可能でした。暑いときのお風呂にでも入れようかしら。

今年から専科資格の誕生もあり、
希望者に(先着順)アロマハンドトリートメントの
体験コーナーが設けられていましたが、
ハンドトリートメント会場。

予約でいっぱいで、
ワタシは体験することができませんでした。

なお、以前にも専科資格については触れましたが、
それぞれの公式テキストが販売されるそうです。

その内、『アロマブレンドデザイナー 公式テキスト』は
2016年度会員更新および新規ご入会の方には
1冊無料配布されるそうなので、
重複しないように気をつけましょうね。
(そういえば、カオリスタのテキストも無料でいただいたなぁ


休憩中。
セミナーが始まる前や休憩中には
協会が用意した精油の展示や資料等々に人が集まっていましたよ。


調香ブレンド体験
休憩から戻ってきたら、
12種類の精油とエタノール、ムエット、ガラス容器が準備されていました。

セミナー2の前半は香料(香水)の歴史や分類、調香のプロセスなどを
教えていただきました。

歴史の豆知識として聞きかじっていた

クレオパトラは上手に香りを使って
カエサル(シーザー)や、マルクス・アントニウスを魅了した

ということにも触れられましたが、

それ以上に興味深かったのは、

コルシカ出身のナポレオンは柑橘系の香りを好み、
一方、妻のジョセフィーヌはアニマル系の香りを好んだ。

このすれ違いも離婚の原因では?というところです。

なお、ナポレオンが愛した“ケルンの水”という
オーデコロンの語源となった香水は
今も4711という商品として残っているそうです。


(参考)
香りが歴史を変えた?『クレオパトラと薔薇の話』
  (マイベストプロ神奈川)
メンズ香水 柑橘系の人気の香り。ナポレオンも愛用した「4711」
  (世界の香水レビュー)


セミナーの後半はブレンド体験でした。
12種類の精油から6種類選んで、
全部で10滴使用するというもので、

今回はアルコール希釈液として、
肌には直接つけずに楽しむよう注意書きがありました。

12種類の内訳は以下の通りです。

トップノート
・オレンジ・スイート
・レモン
・ペパーミント
・ラベンダー
・プチグレン


ミドルノート
・イランイラン
・ジャスミン
・ローズアブソリュート
・クローブ


ベースノート
・シダーウッドバージニア
・パチュリ
・ベチパー


ワタシは元々オリエンタル系や樹木系の香りが苦手で、
この内、半分がやっぱり駄目でした。
まぁ、精油だと香りも強いので、
ローズマリーやラベンダーもハーブならいいんですけど、
精油だと苦手というだけなんです。


レシピとお持ち帰り。
それでもなんとかレシピを完成させ、
精油をポタポタ(笑)エタノールに入れてシェイキング②。

とっても微妙な香りの出来上がりです。


(参考)
香りの系統と特徴|精油・エッセンシャルオイル・アロマの基本
 (Timeless Edition)



(おまけ)
調香を体験したい方はコチラでもできるようですよ。

LUZ 有限会社ルズ 調香体験講座
大分香りの博物館
大分で女子力アップ!「香りの博物館」でアナタだけのオリジナル香水作りをしよう!



ランキングに参加しています。
ポチっとお願いします。 いつもありがとうございます。
 にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック