FC2ブログ
 ゔぅ・・・(ᇹдᇹ )。~学習しない人~
2015年07月28日 (火) | 編集 |
長かったほぼ8連勤がやっと終わり、
ほっと一安心。

昨日の内にクローゼットの件で不動産会社に
電話していたんですが、
折り返しの電話が全くないので、
そのままいつもの温泉に出かけました。

今までナビを頼りに行っていたんですが、
前回、一番簡単な道順を発見したので、
今日は自力で行くことにしました。


んで。
いつもより更に遅かったんですが、
駐車場はガラガラでした。

ふと、頭の片隅に蘇る張り紙。
そういえば、メンテナンス日って今日だったような…。


…そこで諦めてしまえばよかったんですが、
流石に身体の蓄積ダメージも大きかったので、
ゆっくり温泉に浸かりたかったのも事実。

大牟田の『満月の湯』まで強行ドライブしてきました。

前回どうだったか既に覚えていないのですが、
男湯と女湯が逆だったような気がするのは
気のせいでしょうか(笑)?

身体を洗って、一番近かった
「電気風呂」に入ろうとしたら、
ビリビリビリビリ…。

…めっちゃ刺激が強すぎて、
思わず声を上げてしまいました。



電気療法の目的として、
膝や肩や腰の痛みを緩和とか、
自然治癒力を高めるとかあるようです。

痛みを感じている箇所周辺の筋肉
緊張してこわばっている状態
  ↓
筋肉が緊張する=力が入っている状態

この状態が長く続くと、
血の巡りが悪くなってしまい、
より痛みが増す
  ↓
そこで、患部に電気を流すと、
その刺激によって、緊張状態をほぐし、
筋肉のこわばりを和らげる
  ↓
すると、血の巡りが良くなり
代謝機能も改善・向上する。
  ↓
その結果、本来持っている
「自然治癒力」が高まっていく。



ただし、
確かに電気が弱いと効果も薄いですが、
強すぎるのもかえって逆効果のようです。

 弱い刺激は低下している
 神経機能を鼓舞し機能を回復させる。
 中等度の刺激は生理的機能を更新する。
 強い刺激は生理的機能を抑制する。
 もっと強い刺激は機能を停止させる。

(参考)
人体への電流について(ソーマンダイン)




というわけで、今日は電気風呂はほどほどに
歩行浴などで軽く負荷をかけて、
後は蒸気サウナでしっかり汗をかいて終了しました。


ついでに実家に立ち寄ろうかと思ったんですが、
疲れ切ってしまったので、
そのまま早めのご飯を食べて帰りました。



また食べちゃった…。

…えぇ。
折角の大牟田なので、
前回の出来事もすっかり忘れて再来店です。
今日は16時過ぎに着いたので、
閑散としていました。

……また同じように
大食い選手権状態になったわけですが…。

因みに、有名人のサインの中に、
アンジェラ佐藤さんのサインを発見しました。

(参考)
アンジェラ佐藤の食活~全国の美味いもの調査隊~


こたつの下が涼しいにゃン。
またアタシ、お留守番にゃンね。






ランキングに参加しています。
ポチっとお願いします。 いつもありがとうございます。
 にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック